青汁の効果効能ランキング

青汁の効果や効能はどのようなものでしょうか?

青汁はいつのころからかCMや雑誌などで、よく目にするようになりました。 マズイっ!というCMが記憶に残りましたね。

青汁の成分も、大麦若葉、ケール、明日葉や長命草、それに桑の葉などがあります。 これらの原料の効果効能も気になるところです。

このサイトでは、青汁の効果や効能について詳しく説明します。 購入の際には参考にしてくださいね。

キューサイの青汁は国産ケールが原料。 自社管理のもとで栽培された国産のケールなので安心ですね。 農薬や化学肥料は仕様されていないので健康にもオススメです。

はちみつ味の青汁は飲みやすくて評判。 子供にも飲みやすいです。

 

やずやの青汁は大麦若葉が原料。 おいしさと健康を両立した人気の青汁です。

ビタミン、ミネラルが豊富で野菜不足の方にはとくにオススメ。 抹茶のような味わいで、飲みやすさにも定評があります。

 

青汁三昧の原料は、ゴーヤ、ケール、大麦若葉の3種類。 原料にこだわっていて、栄養価の高さとバランスのよさが際立ちます。

単独の原料では賄えない栄養素も、複数の原料をブレンドすることで解決。 豊富な栄養素で健康増進を実感できますね。

 

ふるさと青汁の主な原料は、八丈島産の明日葉。 他の野菜にはあまり含まれない成分が含まれています。

とくに、むくみに効果があると評判。 起床後などのむくみを解消することができた、という声が聞こえます。

 

お茶村の青汁はモンドセレクション金賞受賞の品質。 原料は桑の葉と緑茶。

血糖値を下げる、血圧を下げるなどの効果があるといわれています。 食物繊維も豊富で便秘解消にも良いと評判です。

 

青汁に含まれる栄養と効果

青汁には、日頃の食生活で不足しがちな必須栄養素がバランス良く含まれています。 コップ1杯の青汁を飲むだけで、様々な栄養を手軽に補えるのが人気の秘密です。

ビタミンCは肌の美白に効果があります。 ビタミンAは眼精疲労の回復に効果があるので日頃目が疲れやすい人や、目がかすむという人は青汁を飲む習慣を持ちたいものです。 これらのビタミン群は、最近では抗酸化ビタミンと呼ばれ、アンチエイジング効果があるとして大注目されています。 若々しい体をキープする上で特に大事な栄養素です。

青汁にはカルシウムも含まれています。 カルシウムは、骨を丈夫にするので骨粗鬆症予防に最適です。 特に女性は更年期を過ぎた頃から骨がもろくなり始めるので、以前にも増してカルシウムを摂る習慣を付けて骨を丈夫にしましょう。

疲れ気味で元気が出ないという人、体力が落ちてやる気がないという人は、カリウム不足かもしれません。 カリウムが不足すると脱力感を覚えて体力が減退します。 青汁には活力を感じて元気を引き起こす効果があるカリウムも豊富です。 仕事が忙しくて疲れが溜まっている人は、疲労回復効果のあるカリウムを積極的に摂りましょう。

マグネシウムや鉄などの微量ミネラルは、心臓病や高血圧を防ぐと言われています。 普段の食事だけではどうしても不足しがちですが、青汁にはたっぷり含まれています。

食物繊維も豊富なので、便秘がちの人は、続けて飲むと便秘症を改善する効果が期待できます。

青汁はメーカーによって製法が違うため、種類によって栄養成分が若干異なります。 メーカーの説明を読んで、製品ごとの特徴を知った上で求めることをお勧めします。