お茶村の青汁の効果

HOME > どこの青汁がいい? > お茶村の青汁

お茶村の青汁の効果

お茶村の青汁はモンドセレクション金賞受賞の品質。
桑の葉と緑茶が原料。

お茶村は、緑茶の健康成分に着目して独自の技法で青汁を完成させました。

お茶村の青汁は、神仙桑抹茶ゴールドという名前で販売されています。 名前にあるように、桑の葉と緑茶が原材料。 それにシモンを加えて栄養効果を高めています。

お茶村の青汁の実力は、世界的にも認められています。 食品分野を中心に製品の技術的水準を審査する「モンドセレクション」で金賞を受賞しました。 他にも、世界中のお茶の技術や品質を競う「国際名茶品評会」に出品して好評を博しています。 いかにお茶村の桑抹茶の技術が優れているかがわかりますね。

お茶村の神仙桑抹茶ゴールドのポイントは桑の葉を原材料にしたことで得られる豊富な栄養素。 この桑の葉効果で、普通のお茶を飲むのとは比べ物にならないほど多くの栄養を摂ることができるので、健康への効果は抜群です。

桑の葉が健康に良いのは「DNJ」という成分のおかげ。 「DNJ」には強い抗酸化作用があるので、血糖値を下げる、血圧を下げるなどの効果が期待できます。 食物繊維も豊富なので便秘解消にも良いとされています。

緑茶が体に良い成分を含んでいることは言うまでもありませんが、特にカテキンに注目。 抗菌、抗酸化作用があるカテキンが青汁にたっぷり入っています。

シモンという名前の珍しい野菜は、食物繊維が豊富な芋類の一種です。 ビタミン類も豊富な天然の健康食品ですが、あまり栽培が普及していないので普段私たちが八百屋さんやスーパーで見かけることがありません。 研究熱心なお茶村だからこそ着目した野菜です。

毎日飲んでも飽きない味なので、お茶代わりにゴクゴク飲めるのが嬉しいお茶村の青汁です。