青汁三昧の効果

HOME > どこの青汁がいい? > 青汁三昧

青汁三昧の効果

青汁三昧の原料は、ゴーヤ、ケール、大麦若葉の3種類。
栄養価の高さとバランスのよさが評判。

青汁三昧って、なんだか名前を聞いただけで栄養効果がありそうだなと感じませんか。 その名の通り、原材料にこだわって、健康に良い効果のある栄養素がたっぷり入っているのが青汁三昧の特徴です。

青汁三昧の原材料は、ゴーヤ、ケール、大麦若葉の3種類。 それぞれの野菜には、豊富に含まれている栄養素と他より少ない栄養素があります。 3種類の野菜を使用することで、単独の野菜で作った青汁とは比べ物にならないほど豊富な栄養素をコップ1杯の青汁で摂ることができるので、健康に対する効果も期待できます。

ケールは青汁の元祖と言われる野菜。 アブラナ科でキャベツを大きくしたような葉が特徴ですが、苦みがあるのでそのまま食べるのはちょっと無理。 やはり青汁でいただきましょう。 「野菜の王様」と呼ばれるほど栄養価が高く、特にビタミンとミネラルが豊富なので活性酸素を除去する効果が大きいと言われています。

若葉である大麦若葉は、鉄分やビタミンB群を豊富に含んでいます。 大麦はビールや焼酎の原料になる穀物ですが、不思議なことに、穀物より若葉の方がずっと栄養価が高いので健康に効果があるのは若葉の方だとか。

ゴーヤは、長寿野菜として有名ですね。 沖縄の人たちが長生きなのは、日頃ゴーヤをたくさん食べているからだという説もあるほどです。 特に豊富なのは、ビタミンCとビタミンB、カリウムです。 是非1年中食べたい野菜ですが、夏野菜なので寒い季節には店頭に並んでいません。 やはり、ゴーヤの効果を1年中実感するには青汁三昧を飲むのが一番です。

青汁三昧は、抹茶を飲んでいるような味わいなので青汁嫌いの人でも抵抗なく飲めるのが特徴です。 家族に野菜嫌いの人がいて食べさせるのに苦労している人は、青汁三昧で野菜の栄養を摂りませんか。 きっと健康増進の効果を実感することでしょう。