桑の葉の効果

HOME > 青汁には何が入ってる? > 桑の葉

桑の葉の効果

桑の葉は漢方でも滋養強壮に利用される。
生活習慣病を抑える効果やダイエット効果が期待できる。

桑の葉は、漢方では滋養強壮に効く成分として処方されるほど健康に良い生薬です。 特に珍重されているのは、桑の葉だけに含まれている「DNJ」という成分です。 「DNJ]は強い抗酸化作用があるため、血圧を下げる、血糖値を下げるなどの効果が認められています。 血糖値をコントロールする効果によって、糖分燃焼アップも期待できるため、生活習慣病の予防だけでなくダイエット効果も期待できます。

この他にも、ビタミンC,ビタミンB1,ビタミンB2,ビタミンAなどのビタミン類、亜鉛,鉄,マグネシウム,カルシウムなどの微量ミネラル、食物繊維などが豊富にふくまれています。 特に鉄とカルシウムが豊富なので、貧血気味の人が飲むと貧血を改善する効果が期待できます。 さらに、更年期をすぎると不足がちになるカルシウムも豊富なので、骨粗鬆症予防効果も期待できます。

桑の葉は、この他にもフラボノイドや食物繊維が豊富です。 桑の葉は動脈硬化を予防する効果があると言われています。 動脈硬化は30代以降急激に進み、やがて糖尿病や脳梗塞、心筋梗塞などを発症するリスクを高めますます。 桑の葉を食生活に摂り入れることで、生活習慣病にかかりにくくなります。

このように健康に良い栄養素を含む桑の葉を摂るには、そのままではもちろん固くて食べることができません。 しかし、その栄養を黙って見ているだけではもったいない。 そこでこの原料を使用した青汁やお茶が商品化されています。 桑の葉を原料とした青汁を選ぶ際には、国産で信頼できるメーカーから販売されていることを確認して求めましょう。

桑の葉を含む青汁


お茶村